嫁ちゃんのおもちゃ箱

フリーダム嫁ちゃんが思ったことを書き綴っていくやつです

カテゴリ: こころ

頭の中でカギをかけられればいいのに


忘れたいことが多すぎて

でもそれは過去

過ぎたことを考えてもしょうがない

そんな事は分かっている


でも出てきてしまう

記憶に潰されそうになる



何も考えたくない
何もしたくない



でも何も出来ない私じゃ誰も受け入れてくれない

だから頑張るしかない

それで何度も無理をして

病院に担ぎ込まれた


その度

「私はこんな事で倒れてしまう、ダメ人間だ」

と思っていた



でも、それでもみんな受け入れてくれる

そして思った

みんな見ていてくれているんだ

頑張ってる私を。




そして叱ってくれる

「なんでこんなになるまで無理するんだ」

「無理させちゃってすみません」

「ゆっくり休んで下さい」


たくさんの言葉をかけてくれる

過去がどうであれ

今は色々な人に支えられている

私はとても恵まれている



今の幸せを噛みしめよう

抱きしめよう

辛かった分

私は幸せになれる

そう信じて。

もしあなたが道を歩いていたら

急に子どもが「助けて下さい!!」と近づいてきて

後ろからお母さんらしき人が

「すみません、うちの子が」

と言われたら

あなたはどうしますか?



大体の方は、「ほらお母さんが呼んでいるよ」と

帰してしまう方が多いかと思います


私もそう言われた一人でした。


私はきっと「一度警察に連絡させて下さい」

の一言が欲しかった



でも、なかなかそんな事を言ってくれる人は少ない



このブログを読んだ人が

その少ない人の一人になって欲しい。

人の噂も七十五日って言葉があるけど

75日間、約2ヶ月半も噂し続けられたら

人一人を追い詰めるには十分過ぎると思う



心が壊れるには十分過ぎる


何を言っても信じてもらえない


説明しても言い訳と言われる




噂が一人歩きしてどんどん大きくなる

そのせいで仲良くなれるはずだった人にも嫌われる


話を大きくして楽しんでいる人のせいで

ありもしない噂が飛び交う


噂は人を死に追い込む。

「大丈夫?」と聞かれたら

「大丈夫だよ」としか答えられない


親しければ親しいほど

「大丈夫?」なんて聞かないで欲しい

心配かけたくないから。



「頑張り過ぎないでね」と言われたい



たとえそれが他人から見て頑張っていなくても

「頑張ったね」と褒めて欲しい


大多数が出来る事でも、それが出来ない人もいる

眠る事

食べる事

お風呂に入る事


それを一人じゃ何も出来ない人だっている

でもそれは自分がどんなにやろうとしても出来ない

だから出来る人が羨ましい



でもそれを押し付けてはいけない



出来る事が凄いの

誰かの当たり前を誰かに押し付けてはいけない

それで苦しむ人は沢山いるから

家での時間
それは地獄と言うには簡単すぎる

家の中すべて綺麗にしても
褒めてもらえるのは夕飯を残さず食べた弟だけ


私も褒められたい
頭を撫でてもらいたい


ただそれは夢を見るより難しい


床に落とされたインスタントラーメン
踏みつけられた白米


でも褒めてもらえないのも当然
私は悪い子だから

だって家の人にバレないように
盗み食いをしていたんだから


ただ私はそこまでして生きている意味があるのだろうか
死にたいと何度思っても死ねないクズ
それが私


ただ、今はとても幸せだ
なんでそんなに幸せになれたかって?
それはまた別の話で。。。


どんなに今が辛くても
我慢していても
勝手に幸せは来ない

勝手に幸せが来るのはプリンセス達だけ

私たちのような普通の人間は
勝ち取らなければならない

私も昔は一生辛い人生だと思っていた
だけど努力して
向き合っていくことで
自分なりの幸せに近づくチャンスがきっとある


今、これを読んでいるあなた
もしあなたが不幸と思うなら
幸せにしてあげて下さい

あなたを幸せにできるのは
まずあなたなのだから

↑このページのトップヘ